硬い路上を歩く機会の多い、現代は多くの方が足に悩みを抱えているものです。ボックスオークでは一人一人の足形に合わせ作成されるカスタムインソールや、世界最小のフィットネススタジオと言われるMBTを取り扱っております。足に悩みのある方やウォーキングに興味のある方は是非ボックスオークにご相談下さい。
    長野県松本市中央1-20-27   TEL/FAX:0263-35-3450 定休日:水曜日
  Mail:info@box-oak.com   URL:http://www.box-oak.com

2018年05月26日

ヤマボウシ

ヤマボウシが見ごろになってきました。
DSC_0289.JPG

ハナミズキが散って、ヤマボウシが咲きだします。
よく似ていますよね。
同じミズキ科ミズキ属ですが、ハナミズキは花が咲いてから葉が咲きますが、
ヤマボウシがは、葉っぱが咲いてから花が咲きます。
期間が長く楽しめますね。


posted by BOX-OAK at 18:39| 日記

2018年05月25日

歩くことが一番の良薬

「歩く」という行為に、脳細胞を活性化させる効果があることをご存じでしたか。

という記事があった。それによると、

足への刺激が全身の血行を良くし脳細胞の活動に欠かせない酸素の供給量を増やす、下半身に多い赤筋の収縮が脳を刺激し覚醒させるなど、いいことづくし。

ものを考えるときに歩き回る人がいますが、これも理にかなっているというわけです。

仕事の合間にコーヒーで気分転換もいいですが、外へ散歩に出る方が効果的な能率アップ法といえそうですね。

「歩くことが一番の良薬」とは医学の父、ヒポクラテスの言葉。事実、ウォーキング効用は、糖尿病や高血庄、肥満に腰痛、肩こりまで実にさまざまです。


より効果的なウォーキングのコツをご紹介
まずは、速く歩くこと。個人差はあるものの、分速90〜100mがひとつのめやす。
意識的に広めの歩幅で、30分以上は歩きたいものです。
また、歩くなら平らなアスファルトの道よりも土や芝生の上を。でこぼこの道なら、足への刺激も倍増します。

との事。
さらに『MBT』で歩けば、もっと血行も良くなり、姿勢も矯正し、硬く平らなアスファルトの道でも「自然の不安定さ」の優れた効果を体験できますよ。



posted by BOX-OAK at 12:35| 日記

2018年05月21日

アルコールは薄毛の原因?

アルコールは薄毛の原因になる――。ネットを検索すると、こういった情報が多数ヒットする。酒好き男子で、気にしている人は少なくないだろう。だが、本当にお酒は薄毛につながるのだろうか。

という記事があった。それによると、

薄毛に医学的定義は存在しない
「現時点での研究報告などから考えても、お酒が薄毛の直接の原因になることはないと考えていいでしょう」
「飲酒を過度に気にする必要はありません。ただし、後述するように、髪の健康を保つには、心身の健康を保つことが大事ですから、もちろん飲み過ぎは避けてください」

現時点では、遺伝的要素が強い「男性型脱毛症」(AGA)のメカニズムについては、医学的に確認されているという。
AGA原因として、近年注目されているのがジヒドロテストステロン(DHT)という物質です。
このDHTが髪の毛に作用すると、毛母細胞(髪の毛を成長させる細胞)の成長が抑制されてしまうのです。そして毛髪の成長期が短くなることで、髪が太くなる前に抜けてしまい、細く短い髪が多くなることで薄毛が目立つようになります。このAGAは、遺伝的要素が非常に大きいといわれています
加齢とともにテストステロンの分泌量は減るが、DHTの分泌量は増えていく。これによって中高年になるとAGAが増えていくわけだ。

しかし、すべてが遺伝とは言い切れない面もあります。
遺伝的要素が大きいとはいえ、生活習慣にも配慮する必要があるわけだ。


では、どんな生活習慣がよくないのだろうか。
肥満の人は注意!
心身ともに健康でいることが何より大事
意識して摂取したいタンパク質や亜鉛


との事。
詳しくは、調べてみて。


posted by BOX-OAK at 17:41| 日記

2018年05月17日

諏訪湖スタジアムへ

昨日、高校野球春季長野大会2018準決勝を観に行ってきました。

DSC_0287.JPG

第一試合は、松本深志VS上田西
第二試合は、佐久長聖VS松商学園
中信地区VS東信地区の戦いだったのですが、
残念ながら、中信地区が2校ともコールド負けでした。
でも、よく頑張っていました。
元気をもらいました。


posted by BOX-OAK at 13:21| 日記

2018年05月11日

我が家から見える山々(5月)

ここ数日、ちょっと寒い日が続きましたね。
高い山では雪が降ったみたいで、乗鞍岳がまた真っ白になりました。
(先週は、尾根に沿って少し黒くなっていたのに)
今日から暖かい日が続きそうですが。

DSC_0283.JPG 乗鞍岳(5月)

DSC_0284.JPG 美ヶ原(5月)

DSC_0285.JPG 常念岳(5月)
常念岳は、かなり融けだしています


posted by BOX-OAK at 17:35| 日記

2018年05月07日

疲れが取れない人がやりがちな生活習慣

不規則な食生活や生活習慣は疲れが取れにくい身体になりやすい。

という記事があった。それによると、

朝、目を覚ました時、身体が重く、ベッドからなかなか起き上がれないということはありませんか?
不規則な生活習慣が身に付いてしまうことは、 疲労を抱えやすく、かつ体調不良になりやすい体質を作り出すことにつながります。
また、ストレスは自律神経も乱すため、心身の緊張が長く続く状態になってしまい、リラックスさせて体の疲れや不調を回復する神経が、はたらきにくい環境になります。


年をとると疲れが取れないことも関係している
疲れには「疲労因子FF」という物質が関わっています。
このFFを効果的に減らすには、FR(疲労回復因子)が重要な役割を果たしています。
体内で疲労因子FFが増えると、 それに反応するように体内には疲労回復物質FRが出てきて、 疲労因子FFによって傷つけられた細胞を修復してくれるのです。
しかし残念なことに、加齢とともにこの疲労回復物質であるFRの反応は鈍くなって、なかなか疲れが取れないという状態に陥ってしまうのです。


メンタルの不調が疲れが取れない事態を招く!
何をしても疲れが取れない原因は、あなたが抱えているそのストレスのせいかもしれません。
同じ環境下で同じようなストレスを受けても、ストレスの影響を受けやすい性格・気質と、影響の少ない性格・気質があります。
こだわりが強く、がんばりすぎてしまう、といった性格の人はストレスをため込みやすく、疲れなりやすいといわれています。


何気ない習慣が、疲労しやすい心身をつくり出している?
眠っても疲れが取れないときには、あなたの体が必要としている栄養成分が、不足している可能性が大きいです。
栄養不足はエネルギー不足につながる。これが疲れを助長している正体だという。


取りすぎればいいというわけではない、逆に疲労を促進する
不足しやすい栄養に気をつけることは大切ですが、取りすぎると逆効果になる場合もあります。
甘いお菓子やスナック菓子などには精製された炭水化物が多く含まれ、食べ過ぎると血糖値を急激に上げたり下げたりします。
糖質の過剰摂取により疲労物質である乳酸を分泌し、疲れやすくなってしまいます。
蓄積されてしまってなかなか取れない「疲れ、だるさ」の原因は、疲労物質の「乳酸」です。


との事。
ご注意を。


posted by BOX-OAK at 14:53| 日記

2018年05月03日

地獄谷野猿公苑

昨日、地獄谷野猿公苑に行って来ました。

DSC_0274.JPG DSC_0272.JPG

この時期は、めったに温泉には入らないそうです。
ちょっと残念です。
でも、猿はたくさんいました。とてもおとなしい猿たちです。


DSC_0280.JPG DSC_0281.JPG

DSC_0265.JPG DSC_0266.JPG

また、もっと寒い時に来るかな。



posted by BOX-OAK at 22:20| 日記

2018年05月01日

女鳥羽川の鯉のぼり

今朝、目が覚めると窓からウグイスの鳴き声が聞こえてきました。
もう5月ですからね。先月も鳴いていたのでしょうが、気が付かなかった。
今日はとても爽やかな朝でした。

DSC_0263.JPG 千歳橋の鯉のぼり

DSC_0260.JPG 松本城の藤棚も見頃です




posted by BOX-OAK at 12:21| 日記

2018年04月26日

久留米つつじが見ごろ

ボックスオークの前の「久留米つつじ」が、とても綺麗です。
例年、ゴールデンウィークあたりが見ごろです。
今年は、ちょっと早いかな。

DSC_0259.JPG DSC_0257.JPG

松本は「花いっぱい運動」発祥の地
街のあちこちで素敵な花がいっぱい咲いています。

DSC_0256.JPG DSC_0254.JPG


posted by BOX-OAK at 14:59| 日記

2018年04月23日

「ハナミズキ」が見ごろ

東京からワシントンに贈ったサクラの返礼として渡来したと言われる「ハナミズキ」、いい贈り物ですね。
とても綺麗です。

DSC_0252.JPG DSC_0250.JPG


posted by BOX-OAK at 10:50| 日記