硬い路上を歩く機会の多い、現代は多くの方が足に悩みを抱えているものです。ボックスオークでは一人一人の足形に合わせ作成されるカスタムインソールや、世界最小のフィットネススタジオと言われるMBTを取り扱っております。足に悩みのある方やウォーキングに興味のある方は是非ボックスオークにご相談下さい。
    長野県松本市中央1-20-27   TEL/FAX:0263-35-3450 定休日:水曜日
  Mail:info@box-oak.com   URL:http://www.box-oak.com

2021年07月30日

残念ながら「我が家から見えない山々」7月


一ヶ月半ほどリフォームなどで、一階に引っ越していたので、山々を撮ることが出来ませんでした。
やっと元の部屋に戻ってこれました。
でも、今日も明日もこんな状態だと思います。

DSC_0111.JPG 見えるはずの乗鞍岳(7月)

DSC_0112.JPG 見えるはずの美ヶ原(7月)

DSC_0113.JPG 見えるはずの常念岳(7月)


posted by BOX-OAK at 16:30| 日記

2021年07月22日

「MBT」のWEB SHOP 始めました

本来「MBT」は、ご来店いただきご試履きし説明を受けてご購入いただきたいのですが、コロナ禍の中、又「離れていてなかなか行っている暇がない」という方に、「MBT」のWEB SHOPを始めました。
不明な点はなんでもメールか電話でお問い合わせください。


posted by BOX-OAK at 13:12| 新着情報

2021年07月19日

MBTサマーバーゲン実施中!!

7月19日(月)より、「MBT」のサンダルをはじめ一部春夏商品をお買い得価格でご提供中!!!


posted by BOX-OAK at 10:59| 新着情報

2021年07月16日

週2回20分程度の早歩きがおすすめ

というような記事があった。
それによると、

最近、足がつったり、だるく感じたりということはありませんか?ふくらはぎは毛細血管が多く、枝分かれしている所。血管が硬くなっているサインかもしれません。

血管を若く保つには、まず、食事は塩ひかえめ・腹八分目に。塩分の排出を促すトマトやキュウリなどの夏野菜を意識して摂り、血圧を下げましょう。

また週2回20分程度、早歩きするのもおすすめです。“人は血管とともに老いる”と言われます。食事に気をつけ、適度な運動をすることで、“血管とともに若々しい”毎日を送りましょう。


との事。
「MBT」で歩くとさらに効果的ですよ。。。



posted by BOX-OAK at 18:54| 日記

2021年07月13日

血管、老化していませんか?

先日、こんな記事があった。
それによると、

肌年齢、脳年齢など、さまざまな年齢が話題になっていますが、「血管年齢」はご存知ですか?
血管は年齢とともに老化し、徐々に硬くなります。

血管年齢とは、血管の硬さが何歳に相当するかを推定したもの。“血管年齢が高い”というのは、動脈硬化が進んでいることを意味します。血管の硬化は10歳前後から始まりますが、食べ過ぎや運動不足が原因となるものは要注意。

コレステロールや中性脂肪が血管の壁に溜まって硬くなっており、放っておくと血管が詰まりやすくなります。これでは狭心症や心筋梗塞につながりかねません。年齢の割に血管が硬い場合は、生活習慣の見直しが必要です。


との事。ご注意を。
加圧トレーニング」をすると、良いらしいですよ。。。



posted by BOX-OAK at 10:59| 日記

2021年07月09日

湯船に浸かって「ハー」って言おう

こんな記事もあった。
それによると、

湯船に浸かって疲れをとるのはいいのですが、ご注意いただきたいのが脱水症状。40度のお湯に10分入ると、500mlペットボトル1本近くもの汗が出る、というデータもあります。入浴後には常温のスポーツドリンクなどで失われた水分を補給しましょう。

疲れに効くとっておきのお話です。湯船に浸かったときについ出る「ハー」という息。実は、休息時に働く副交感神経を刺激して、リラックス効果を高めてくれます。ゆっくり息を吐いて、冷房でこわばった体を気持ちよくほぐしてみては。シャワーですませがちな季節ですが、夏こそお風呂でほっとひと息。ゆったり過ごしてすっきりしましょう。


との事。
ため息をつくのはあまりいいとは言えませんが、
湯船での「ハー」は、良いみたいですね。。。


posted by BOX-OAK at 12:00| 日記

2021年07月01日

浸かればとれる疲れがある

という記事があった。
それによると、

夏本番。オフィスや通勤の電車などで、冷房が効きすぎて寒いと感じることはありませんか。冷房による体の冷えや頭痛、肩こりなどが気になる方にぜひおすすめしたいのが、お風呂です。

その効果は、全身の血行がよくなり疲れがとれる「温熱効果」、関節や筋肉、体全体の緊張がほぐれリラックスできる「浮力効果」、血液やリンパ液の循環がよくなる「水圧効果」など、疲れやすい夏の体にうれしいものばかり。

お湯が熱すぎるとかえって疲れがたまります。38〜40度のぬるめの温度の半身浴でじっくりと体を温めるのがおすすめです。


との事。
夏はどうしてもシャワー中心になってしまいますが、
やはり湯船に浸からないとね。。。


posted by BOX-OAK at 12:38| 日記

2021年06月29日

「粒納豆」と「ひきわり納豆」、骨折予防ならどっち?

という記事があった。
それによると、

「納豆」はお好きですか?
好き嫌いが分かれる食材のひとつに「納豆」がありますよね。また、東日本では納豆は好まれ、西日本ではあまり好まれないということがいわれています。

骨折の中でも大腿骨の骨折は、寝たきりになる可能性の高くなる骨折です。ある調査によると、中高年の大腿骨骨折は西日本で高く、北海道や東北地方で低い「西高東低」の傾向があるとのこと。
このはっきりとした理由は不明とされているのですが、そのひとつに、ビタミンKというビタミンが関係しているかもしれないとされています。

ビタミンKはカルシウムを骨にくっつけるために働くビタミンなのですが、「納豆」に非常に多く含まれます。
別の調査では、ビタミンKの血中濃度は東日本で高く、「納豆」の消費量が関係しているといった報告も。
つまり「納豆」を食べることは、骨折のリスク低下につながる可能性があるといえるでしょう。


との事。
西日本の方・納豆嫌いの方、嫌いと言わずに食べましょう。。。
さらに、こんなことも・・・

では、「納豆」の中でも粒納豆とひきわり納豆のどちらのほうがよりビタミンKをとれるでしょうか?
それは、「ひきわり納豆」です。

粒納豆を細かくしたものがひきわり納豆だと思われているかもしれませんが、実は製造方法は違います。
大豆を一粒ずつ発酵させるのが粒納豆で、大豆を砕いてから発酵させるのがひきわり納豆。ひきわり納豆の方が発酵させる総面積が広くなるので、発酵の過程でできるビタミンK量が多くなるのです。
その差は1.5倍以上!


との事。
ご参考に。。。



posted by BOX-OAK at 10:59| 日記

2021年06月25日

血糖値の上昇が抑えられ、健康的に痩せることができ「蒸し大豆」

というような記事があった。
それによると、

40代以降の女性のカラダに欠かせない栄養素が豊富に詰まっている大豆。なかでも「蒸し大豆」は幅広い料理に使うことができておすすめです。
毎日摂ることで、血糖値の上昇が抑えられ、健康的に痩せることができます。痩せて若返った医師、池谷敏郎さんが実践する「ちょい足し蒸し大豆ダイエット」のメリットをご紹介。


蒸し大豆5つの健康メリット 1 【痩せる。】
食事の最初に蒸し大豆を食べることにより、肥満ホルモンのインスリンの過剰分泌を抑え、痩せやすくします。満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐので、ダイエットに効果的です。

蒸し大豆5つの健康メリット2 【血糖値の急上昇を緩和。】
食後血糖値の急上昇は酸化ストレスとなり、動脈硬化や血管の老化をまねきます。大豆は糖質が少なく、血糖の上昇を緩やかにする食物繊維、たんぱく質、脂質などが豊富です。

蒸し大豆5つの健康メリット 3 【骨を強くする。】
女性にとって加齢の大敵は「骨粗しょう症」。大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きで、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制、骨密度の低下を防ぎます。

蒸し大豆5つの健康メリット 4 【免疫力アップ。】
細胞を活性化させ免疫細胞の60〜70%は腸にあるといわれていますが、その腸内環境を良好に保つ食物繊維やオリゴ糖が大豆には多く含まれ、免疫るたんぱく質も豊富です。

蒸し大豆5つの健康メリット 5 【筋力アップ。】
大豆には筋肉のもとになるたんぱく質が豊富で、適度な運動によって筋力アップが可能です。加齢によって筋肉量が減少し、身体機能が低下するサルコペニアも予防します。

との事。
興味があれば
「ソイタンパク」調べてみて。。。



posted by BOX-OAK at 10:38| 日記

2021年06月21日

梅雨時は、カラダのコントロールが難しい

こんな記事があった。
それによると、

梅雨になり湿度の高い日がしばらく続きそう。このような時期に加えて、運動や睡眠不足、偏食などさまざまなことが重なり、体が重だるく、むくみを感じている人が多いようです。

そして、水分をとる頻度は徐々に増えていきますが、水分の内容や量、冷房、気圧、運動不足、ホルモンバランス、加工食品(塩分・糖質)の摂りすぎ、睡眠不足などさまざまな要因が重なり、手足などの末端がズーンと重だるさを感じてむくみを生じることがあるかもしれません。

最近喉が渇くことが多いと思いますが、喉が渇いて限界に近づいたときに一気にがぶ飲みする人が増えるかもしれませんね。ただ、一気飲みすると体の中ですべての水分が吸収され有効利用されるわけではありません。そのため、2時間おきくらいにコップ1杯を目安に摂るようにしましょう。

内容も糖分が多いものやアルコールやカフェインを含むものや冷たいものはむくみの原因となることがあるので、できれば温かいルイボスティーや麦茶、ミネラルウォーターなどにしましょう。また、便がいつもよりコロコロしたり硬くなっている人は水分摂取に問題がある可能性があります。自分が想像しているよりも汗をかいて水分を消耗しているのかもしれませんね。

レタスともやしにお好みでキュウリやワカメなどをプラスし酢の物にするのがおすすめです。お酢には、クエン酸が含まれるのでダルさの解消にも。また、不摂生で乱れた体は酸性に傾きますが、お酢はアルカリ性に傾けるので日々のリカバリー食としても活用できます。

との事。
さらに、

もやしの特徴は、カリウムと食雄繊維を多く含むことです。カリウムは、体にたまる余分な水分を排泄し、食物繊維は便通の改善に働きます。体にたまる「痰湿」の排泄に役立つ食材です。しかも安価であり、カロリーも低いのに、かさまし食材となり満足感を与えてくれます。他にも代謝に欠かせないビタミンB1やB2、カルシウム、女性に欠かせない鉄や葉酸、モリブデンなども含みます。

レタスは、もやし同様にカリウムと食物繊維を多く含むため、体の中の老廃物を尿や便として排泄を促します。また、腸を動かす食物繊維の比率は、不溶性の食物が2に対して水溶性の食物繊維が1になるのが理想です。レタスは、食物繊維の比率も整っているので体が重だるい人にはおすすめです。


との事。
ご参考に。。。


posted by BOX-OAK at 13:11| 日記