硬い路上を歩く機会の多い、現代は多くの方が足に悩みを抱えているものです。ボックスオークでは一人一人の足形に合わせ作成されるカスタムインソールや、世界最小のフィットネススタジオと言われるMBTを取り扱っております。足に悩みのある方やウォーキングに興味のある方は是非ボックスオークにご相談下さい。
    長野県松本市中央1-20-27   TEL/FAX:0263-35-3450 定休日:水曜日
  Mail:info@box-oak.com   URL:http://www.box-oak.com

2020年12月25日

酒はまさに百薬の長

またまた、こんな記事もあった。
それによると、

末永く楽しむためにも体にやさしい飲み方を心得ておきたいものです。まず、酒の肴には体内のアルコール代謝を高める、タンパク質やビタミンの豊富なものを選びましょう。この季節なら、野菜や豆腐が盛り沢山のお鍋がいいですね。お魚や豆類、海藻などを取り揃えたおせち料理も効率よく代謝を促進してくれるでしょう。

またアルコールは呼気の中にも発散されるので、よく笑ってよくしゃべる、これも上手な飲み方の秘決。もちろん、飲み過ぎは禁物ですよ。それでは皆さま、お酒との程よいおつき合いで、健やかな良いお年をお迎えください。


との事。
でも、今はコロナ禍で「よく笑ってよくしゃべる」ってな訳にはいかないですけどね。

posted by BOX-OAK at 14:38| 日記

2020年12月22日

風乾邪気を「避け」る「酒」

こんな記事があった。
それによると、

いよいよ年も暮れ。
忘年会や新年会などなにかにつけてお酒を飲む機会の多い季節です。
さて皆さんもご存じのとおり、古くから一種の薬として扱われてきたこの「酒」。
語源は、風寒邪気を「避け」ることからきたとも言われています。

お正月、せっかくの機会ですから一年の病払いに「お屠蘇」などはいかがですか。お屠蘇は、魏の名医が山椒、桔梗、肉桂などを調合して作ったといわれる生薬を浸したお酒。その効果は胃腸強壮や血行促進、感冒予防などと幅広く、祝い酒の悪酔いも防いでくれます。江戸時代には、医者がお歳暮がわりに配っていたとのこと。
おいしいお酒で元気になるなんて、なんともおめでたいですね。


との事。
酒飲みの私からすると、なんともいい記事でした。
私、夏はビールと芋焼酎、今は「ジン」にハマっています。
「ジンソーダ」「ジンリッキー」「ジンライム」「ギムレット」・・・・・・
ああ〜〜たまらない。。。早く帰って飲も・・・・・・


posted by BOX-OAK at 17:00| 日記

2020年12月15日

ウォーキングは暖かい格好で

これもヒートショックの話題ですが、

夜中にトイレに行く、朝方に散歩に出かけるなど日常生活にもリスクが潜んでいます。冷たい廊下を歩く際はスリッパを履いたり、外に出る前は外気との温度差に体を慣らすため5〜10分足踏みをしたり準備運動を。

他にも、炊事、洗濯、掃除などの水仕事も血圧を上昇させる要因に。温水で洗う、ゴム手袋を使うといった対策も効果的です。ただでさえ寒さで血圧が高くなりやすいこの季節、ヒートショック予防のポイントは、温度のバリアフリー。血圧を激しく上下させないように、穏やかな毎日をお過ごしください。


との事。
私はお店の開店の一時間位早く家を出てあちらこちらを歩き回っていますが、暖かい格好で冬の信州を楽しんでいます。店に着くころには結構体が温まっています。


posted by BOX-OAK at 14:36| 日記

2020年12月11日

ヒートショック

先日こんな記事があった。
それによると、

本格的な冬を迎える12月ですね。これからの時期に気をつけたいのが、部屋の温度差によって血圧が乱高下する「ヒートショック」。

入浴の場合、寒い脱衣所で服を脱ぎ、浴室に入る時点で血圧が上がり、熱いお湯に浸かってさらに上昇。しかし、全身の血流がよくなると、今度は逆に血圧が低下。このジェットコースターのような変動が心臓や血管に負担をかけ、体に悪影響を及ぼすことに。

脱衣所を暖める工夫をしながら、お湯は41℃以下、浸かる時間は10分までを心がけましょう。手足の先からかけ湯で体を慣らすのもおすすめです。


とこ事。
私は熱いのが好きなんですよね。浸かっている時間ももっと長いかな。
気をつけよ。
脱衣所は温めてるけど。。。


posted by BOX-OAK at 16:27| 日記

2020年12月07日

声帯も筋肉のひとつ

先日こんな記事があった。
それによると、

実は、声帯も筋肉のひとつ。体を動かすのと同じで、日々鍛えることが大切です。そのためには、ただおしゃべりをするよりも、歌う方が効果的なのだとか。お風呂に入りながら気持ちよく歌うことを日課にするのもいいですね。

また、普段から声帯を痛めない生活を心がけましょう。のどの乾燥は声帯を痛めやすいので、こまめな水分補給で加湿を。咳払いや囁き声も、声を老化させる原因となるので控えめにした方がよさそうです。

ますます乾燥しやすい季節。のどの調子に気を配って、潤いある声で毎日の会話を楽しんでいきましょう。


との事。
咳払いや囁き声も声を老化させる原因となるんですね。
気をつけよっ。。。


posted by BOX-OAK at 12:49| 日記

2020年12月05日

うっすら雪化粧

街中にもやっと雪が降りました。

DSC_0002.JPG

毎年、初雪はワクワクしますね。


posted by BOX-OAK at 13:28| 日記

2020年12月04日

60歳過ぎても頑張ろう

先日こんな記事があった。
それによると、

体や肌と同じように、「声」も老化することをご存知ですか?風邪でもないのに声がかすれがちになってきたら、それは老化のサインかもしれません。

年をとるにつれ、のどや口の中に細かいシワができます。さらに口まわりの筋肉が衰え、声帯につながる神経が鈍化することなどから、高い声が出にくくなったり、歌うときにも音程が外れたりするようになるのです。

そして、声も25歳が曲がり角。60歳を過ぎると、一気に老化が進むと言われています。黄色い声、とまではいかなくとも、いつまでも若々しい声を保ちたいものですね。


との事。
25歳過ぎると、成長ホルモンが激減するから曲がり角だが、
60歳過ぎても「加圧トレーニング」をやってると、若々しい声でいられるかな?


posted by BOX-OAK at 11:37| 日記

2020年12月01日

むくみの解消 その2

こんな記事もあった。
それによると、

塩分の摂りすぎもむくみの原因のひとつ。濃くなった塩分濃度を薄めようとして、体内に水分がたまってしまうからです。

日ごろから塩分を控えた食事が大切。塩分の排出を促す白菜やニラ、それに血行を良くするネギやニンニクなどもおすすめです。

長期間むくみが続く場合は、腎臓や肝臓の機能が低下している可能性もあるのでご注意ください。むくみは、体の水分代謝がうまくいっていない証拠。最近よくむくみが出るという方は、日々の暮らしを見直してみてはいかがでしょうか。

との事。
ご参考に。。。


posted by BOX-OAK at 16:51| 日記

2020年11月29日

今朝の松本城

いつも歩いて出勤しているのですが、
最近は、ちょっと早く家を出ていろんな所をウォーキングしながら出社しています。

DSC_0005.JPG
北アルプスはうっすら雪化粧。
やっと冬らしくなりましたネ。

posted by BOX-OAK at 11:57| 日記

2020年11月27日

「MBT」で、むくみ解消

先日こんな記事があった。
それによると、

そろそろ年末に向けて忙しくなる時期です。
遅くまで仕事をしていると、靴や指輪がきつくなってきませんか。
一日で太ってしまった?

いえいえ、それはおそらく「むくみ」です。
むくみは、毛細血管からしみ出た水分が静脈やリンパ管に吸収されずに、皮膚の下にたまった状態をいいます。主な原因はデスクワークや立ち仕事などで、同じ姿勢のまま脚を動かさないこと。

ふくらはぎには、筋肉が収縮することで脚の水分を心臓に戻す働きがあります。脚を動かさずにいると、この働きが弱くなり、水分が循環しづらくなるのです。長時間同じ姿勢を保つときは、ときどき足首を回したり、つま先を上下に動かすようにしましょう。


との事。
長時間同じ姿勢でいる時は、たまに立って「MBT」で、
「足首シーソーエクサ」
「ヒップアップエクサ」
「片足スタンディングエクサ」
を、しよう・・・
MBTで、ただ歩くだけでも良いですよ。。。




posted by BOX-OAK at 13:03| 日記