硬い路上を歩く機会の多い、現代は多くの方が足に悩みを抱えているものです。ボックスオークでは一人一人の足形に合わせ作成されるカスタムインソールや、世界最小のフィットネススタジオと言われるMBTを取り扱っております。足に悩みのある方やウォーキングに興味のある方は是非ボックスオークにご相談下さい。
    長野県松本市中央1-20-27   TEL/FAX:0263-35-3450 定休日:水曜日
  Mail:info@box-oak.com   URL:http://www.box-oak.com

2021年09月23日

我が家から見える山々(9月)

昨日のどしゃぶりの雨がうそのよう、
今日は風が強いが秋晴れ。
3000M級の山は雲が覆っています。

DSC_0182.JPG 乗鞍岳(9月)

DSC_0183.JPG 美ヶ原(9月)

DSC_0184.JPG 常念岳(9月)
槍の穂先は雲の中



posted by BOX-OAK at 13:46| 日記

2021年09月20日

生活不活発病の意外な予防法

という記事があった。
それによると、

意外な予防法、それは“会話”。家族や友人とのおしゃべりは、脳への良い刺激になり充実感が得られ、社会とつながることで活動的な生活を楽しむきっかけに。

さらに、会話はオキシトシンという幸せホルモンを分泌させ、ストレスを和らげてくれます。相手の話に相槌を打つなどして共感すると、脳の前頭葉が活性化して心がリラックスする効果も期待できますよ。楽しい会話が健康につながるとすれば、一石二鳥ですね。

敬老の日も、良い機会。外出は控えても、会話は控えることなく、ぜひおしゃべりをお楽しみください。


との事。
会話は幸せホルモンを分泌させるみたいですね。
「男のおしゃべりは嫌われる」
と言われても、もっとしゃべろっと。


posted by BOX-OAK at 14:27| 日記

2021年09月18日

突然ですが、「生活不活発病」をご存じですか?

というような記事があった。
それによると、

最近、いつもの動作がなんだかつらい…。それ、年のせいではないかもしれませんよ。
生活不活発病とは、日々の活動量が減ることで身体の機能が衰える病気。

昨今の外出の自粛が原因となる可能性も十分に考えられます。足腰をはじめ全身の筋力が弱まっていくだけでなく、自律神経の乱れ、うつ状態などさまざまな症状を引き起こすというから要注意。

家事の際に意識的に体を動かすなど、できる対策から始めたいですね。


との事。
「外出は自粛」という方は、おうちの中で「MBT」のスリッパを履いてゆるエクサはいかがですか。

posted by BOX-OAK at 10:55| 日記

2021年09月14日

キンモクセイのいい香り

歩いていると数日前から、あちこちより「キンモクセイ」のいい香りがただよってきます。
この時期のウォーキング(と言っても朝の通勤ですが)、最高です。

DSC_0176.JPG DSC_0177.JPG DSC_0173.JPG

    DSC_0174.JPG DSC_0175.JPG


posted by BOX-OAK at 16:25| 日記

2021年09月10日

第一は運動するってことことですよね

タモリさんのコメントでこんなのがあった。
それによると、

食事などで日頃から気をつけていることについては
「だんだんと年をとってきましてね、健康保険が変わりまして『後期高齢者』って書いてあるんですよ。
後期高齢者ってどういうことからというと、いい加減ジジイだぜということなんでね。まったく今まで健康に気を遣ったことないんですけど、やらなきゃなと思っていることはあります。
第一は運動するってことですよね。それが一番気をつけていることですね。やっぱり散歩ですね」と明かしました。

との事。
やっぱり、健康にはウォーキングですね。
「MBT」で安心して歩いてください。



posted by BOX-OAK at 10:24| 日記

2021年09月06日

新しい毛細血管が生み出される

というような記事があったので、シェアします。
それによると、

幸いなことに健康な毛細血管は増やせます。血流をアップさせることがポイントで、有酸素運動と下半身を中心とした筋トレの組み合わせが有効。
筋肉細胞が酸素を求めるのに応じて、新しい毛細血管が生み出されるというわけです。

おすすめなのが椅子を使った簡単なスクワット。背もたれをつかんで足を肩幅に開き、ゆっくり膝を90度まで曲げ、膝を伸ばしきる手前まで戻して、再び膝を曲げていきます。ご年配の方でも気軽にできる筋トレです。

季節は運動の秋。敬老の日を機会に、毛細血管の若返りを図ってみませんか。


との事。
一日10分〜15分「加圧トレーニング」をすれば、成長ホルモンを出すだけではなく、
新しい毛細血管も作りますよ。
それだけではなく、もっともっと良いことありますよ。



posted by BOX-OAK at 11:14| 日記

2021年09月02日

あなたの毛細血管は?

ちょっとショッキングな記事があったのでシェアします。
それによると、

歳をとるにつれて増えるシミ、シワ、白髪・・・。見た目だけの老化だと思っていませんか?

もしかしたら、体の中にある毛細血管の老化が原因かもしれません。毛細血管は、細胞に酸素や栄養素を届け、二酸化炭素や老廃物を回収するなど、大切な役割を担う器官。

加齢にともなって、血管の弾力性が失われたり、詰まったりすると、管はあっても血液が流れにくい状態になり、血管の数の減少につながります。60代では、毛細血管が4割も減ってしまうというデータもあるほどです。


との事。
しかし、「幸いなことに健康な毛細血管は増やせます
という記事もあったので今度載せます。


posted by BOX-OAK at 11:37| 日記

2021年08月28日

我が家から見える山々(8月)

乗鞍岳、雲がかかっているが雪渓にはまだたくさん残っています

DSC_0166.JPG 乗鞍岳(8月)

DSC_0167.JPG 美ヶ原(8月)

DSC_0168.JPG 常念岳(8月)



posted by BOX-OAK at 18:51| 日記

2021年08月26日

プリン体も料理法で減らせる

というような記事があった。
それによると、

プリン体は調理法で減らせるのをご存知ですか。水に溶けやすい性質のプリン体は、一度茹でてから調理することで抑えることができるんです。また、ホイル焼きも◎。中にキッチンペーパーを敷くことで、プリン体や油が吸収され、ヘルシーメニューに。

プリン体だけでなく、摂取する総カロリーを減らすことも予防につながるので、食べ過ぎは禁物です。

食事以外には、軽い運動も効果的。夏の夜、星を眺めながらウォーキングなんていうのもいいですね。痛風は、対策次第でずいぶん予防できる病気。生活をきちんと見直して、元気に夏を乗り切りましょう。


との事。
痛風じゃない方もこの料理法、ご参考に。。。
また、やはりウォーキングなどの軽い運動も大事ですね。。。
でも、舗装道路を歩くならぜひ「MBT」で安心して歩いてください。。。


posted by BOX-OAK at 16:14| 日記

2021年08月23日

痛風にご注意を!

先日、こんな記事があった。
それによると、

ビールが美味しい季節です。
汗をかいた後の一杯がたまらない、という方も多いのでは。

でも、今回はそんな方にちょっと耳の痛いお話です。
汗とビール、これは痛風につながる、あまり良くない組み合わせ。

そもそも、痛風とは足などの関節に尿酸がたまって炎症を起こす病気。アルコールは体内で分解されるときに尿酸が作られます。中でも、ビールには尿酸の素となるプリン体が多く含まれているので、飲み過ぎは×。

特に、汗で体内の水分が不足している時には、アルコール等の摂取によって、体内の尿酸の濃度が急上昇しやすいのでご用心を。また、魚の干物や肉のレバーなど、プリン体を多く含む食品をビールのあてにするのも、ほどほどに。


との事。
でも、この時期ビールがうまいんだよなぁ。
魚卵や干物やレバー・・・
うまいんだよなぁ・・・

今度、プリン体を減らす調理法を書いた記事を見つけたので、シェアします。


posted by BOX-OAK at 11:09| 日記

2021年08月20日

野菜はまるごと食べましょう

先日、こんな記事があった。
それによると、

「一物全体食」という言葉をご存じですか?食物をまるごと食べてバランスよく栄養をとるという中国の思想。

事実、キャベツの一番外側の葉には、全体平均の約2.7倍、大根の葉には約2.1倍のビタミンCが含まれていたというデータもあります。

これらの部分を捨てるのは、わざわざ栄養を切り捨てるようなものですよ。もちろん皮も捨てずにご活用ください。

コトコト煮込めば、水溶性の食物繊維やミネラルがとけだした栄養満点のスープの出来あがり。特に、秋野菜は冬に向けて身を守ろうとするため、皮の近くにたくさん栄養をたくわえていますからね。

野菜をまるごと食べて、まるごと元気な体を作りましょう。


との事。
無駄なものは何もない。



posted by BOX-OAK at 16:05| 日記

2021年08月17日

8月31日は、「ヤサイの日」

先日こんな記事があった。
それによると、

来たる8月31日は、「ヤサイの日」。
そこで今回は、夏のトラブルとお別れするための野菜活用法をご紹介します。

まずは、夏バテ。その主な原因は、水分の過剰摂取による消化機能の低下です。
そこでおすすめしたいのが、大根。大根に含まれるジアスターゼは、消化を促進します。

日焼け後のお肌が気になる方は、ジャガイモ・人参をどうぞ。この時季のジャガイモは、皮膚の代謝をよくするビタミンCが春先の約4倍。人参も、ビタミンAに変化して肌のコンディションを整えるカロチンが約2倍と豊富です。

との事。
その時季その時季の野菜はやはり体に良いんですね。。。


posted by BOX-OAK at 15:59| 日記

2021年08月10日

安眠できる部屋の明るさ

というような記事があった。
それによると、

寝苦しい猛暑。とかく睡眠不足になりがちです。私たちは、入眠時の環境に敏感です。

意外に忘れられがちなのが明るさのこと。照明も、快適な睡眠を考える上で、大切な環境のひとつです。一般に、暗い方が眠りやすいと思われがちですが、完全な暗室状態は、逆に不安感を生み、なかなか寝付けなかったりします。また夜中に目を覚ました際に、方向や位置がわからず、パニックに陥るケースもあるようです。

ある報告では、人が落ち着いて眠れる明るさは、1〜30ルクス。ちなみに1ルクスはホテルでフットライトだけをつけた時のベッドサイドの明るさに相当します。

部屋の明るさが、30ルクスを超えると睡眠が浅くなり、50ルクス以上では、無意識のうちに布団や手で目を覆ったりするようになるそうです。これは、睡眠を妨げる光を遮ろうと、人間の防御本能が自然と働くためだと考えられています。

眠れない日が続くと、日中の活動にも影響が出ます。例えば、寝室の照明を間接照明にするだけでもずいぶん寝付きがよくなるようですよ。快適な朝、素敵な一日は上手な睡眠がつれてきます。

との事。
でも、ホントに暑い。
寝苦しい。。。



posted by BOX-OAK at 15:28| 日記

2021年08月05日

松本城公園の蓮の花

DSC_0116.JPG


蓮の花が綺麗に咲き始めました。
まだまだもっと増えてきますが、朝見に行ってください。
午後にはつぼんじゃいます。
午後遅くまで咲いているのは、明日は咲きません。

posted by BOX-OAK at 10:36| 日記

2021年07月30日

残念ながら「我が家から見えない山々」7月


一ヶ月半ほどリフォームなどで、一階に引っ越していたので、山々を撮ることが出来ませんでした。
やっと元の部屋に戻ってこれました。
でも、今日も明日もこんな状態だと思います。

DSC_0111.JPG 見えるはずの乗鞍岳(7月)

DSC_0112.JPG 見えるはずの美ヶ原(7月)

DSC_0113.JPG 見えるはずの常念岳(7月)


posted by BOX-OAK at 16:30| 日記

2021年07月16日

週2回20分程度の早歩きがおすすめ

というような記事があった。
それによると、

最近、足がつったり、だるく感じたりということはありませんか?ふくらはぎは毛細血管が多く、枝分かれしている所。血管が硬くなっているサインかもしれません。

血管を若く保つには、まず、食事は塩ひかえめ・腹八分目に。塩分の排出を促すトマトやキュウリなどの夏野菜を意識して摂り、血圧を下げましょう。

また週2回20分程度、早歩きするのもおすすめです。“人は血管とともに老いる”と言われます。食事に気をつけ、適度な運動をすることで、“血管とともに若々しい”毎日を送りましょう。


との事。
「MBT」で歩くとさらに効果的ですよ。。。



posted by BOX-OAK at 18:54| 日記

2021年07月13日

血管、老化していませんか?

先日、こんな記事があった。
それによると、

肌年齢、脳年齢など、さまざまな年齢が話題になっていますが、「血管年齢」はご存知ですか?
血管は年齢とともに老化し、徐々に硬くなります。

血管年齢とは、血管の硬さが何歳に相当するかを推定したもの。“血管年齢が高い”というのは、動脈硬化が進んでいることを意味します。血管の硬化は10歳前後から始まりますが、食べ過ぎや運動不足が原因となるものは要注意。

コレステロールや中性脂肪が血管の壁に溜まって硬くなっており、放っておくと血管が詰まりやすくなります。これでは狭心症や心筋梗塞につながりかねません。年齢の割に血管が硬い場合は、生活習慣の見直しが必要です。


との事。ご注意を。
加圧トレーニング」をすると、良いらしいですよ。。。



posted by BOX-OAK at 10:59| 日記

2021年07月09日

湯船に浸かって「ハー」って言おう

こんな記事もあった。
それによると、

湯船に浸かって疲れをとるのはいいのですが、ご注意いただきたいのが脱水症状。40度のお湯に10分入ると、500mlペットボトル1本近くもの汗が出る、というデータもあります。入浴後には常温のスポーツドリンクなどで失われた水分を補給しましょう。

疲れに効くとっておきのお話です。湯船に浸かったときについ出る「ハー」という息。実は、休息時に働く副交感神経を刺激して、リラックス効果を高めてくれます。ゆっくり息を吐いて、冷房でこわばった体を気持ちよくほぐしてみては。シャワーですませがちな季節ですが、夏こそお風呂でほっとひと息。ゆったり過ごしてすっきりしましょう。


との事。
ため息をつくのはあまりいいとは言えませんが、
湯船での「ハー」は、良いみたいですね。。。


posted by BOX-OAK at 12:00| 日記

2021年07月01日

浸かればとれる疲れがある

という記事があった。
それによると、

夏本番。オフィスや通勤の電車などで、冷房が効きすぎて寒いと感じることはありませんか。冷房による体の冷えや頭痛、肩こりなどが気になる方にぜひおすすめしたいのが、お風呂です。

その効果は、全身の血行がよくなり疲れがとれる「温熱効果」、関節や筋肉、体全体の緊張がほぐれリラックスできる「浮力効果」、血液やリンパ液の循環がよくなる「水圧効果」など、疲れやすい夏の体にうれしいものばかり。

お湯が熱すぎるとかえって疲れがたまります。38〜40度のぬるめの温度の半身浴でじっくりと体を温めるのがおすすめです。


との事。
夏はどうしてもシャワー中心になってしまいますが、
やはり湯船に浸からないとね。。。


posted by BOX-OAK at 12:38| 日記

2021年06月29日

「粒納豆」と「ひきわり納豆」、骨折予防ならどっち?

という記事があった。
それによると、

「納豆」はお好きですか?
好き嫌いが分かれる食材のひとつに「納豆」がありますよね。また、東日本では納豆は好まれ、西日本ではあまり好まれないということがいわれています。

骨折の中でも大腿骨の骨折は、寝たきりになる可能性の高くなる骨折です。ある調査によると、中高年の大腿骨骨折は西日本で高く、北海道や東北地方で低い「西高東低」の傾向があるとのこと。
このはっきりとした理由は不明とされているのですが、そのひとつに、ビタミンKというビタミンが関係しているかもしれないとされています。

ビタミンKはカルシウムを骨にくっつけるために働くビタミンなのですが、「納豆」に非常に多く含まれます。
別の調査では、ビタミンKの血中濃度は東日本で高く、「納豆」の消費量が関係しているといった報告も。
つまり「納豆」を食べることは、骨折のリスク低下につながる可能性があるといえるでしょう。


との事。
西日本の方・納豆嫌いの方、嫌いと言わずに食べましょう。。。
さらに、こんなことも・・・

では、「納豆」の中でも粒納豆とひきわり納豆のどちらのほうがよりビタミンKをとれるでしょうか?
それは、「ひきわり納豆」です。

粒納豆を細かくしたものがひきわり納豆だと思われているかもしれませんが、実は製造方法は違います。
大豆を一粒ずつ発酵させるのが粒納豆で、大豆を砕いてから発酵させるのがひきわり納豆。ひきわり納豆の方が発酵させる総面積が広くなるので、発酵の過程でできるビタミンK量が多くなるのです。
その差は1.5倍以上!


との事。
ご参考に。。。



posted by BOX-OAK at 10:59| 日記