硬い路上を歩く機会の多い、現代は多くの方が足に悩みを抱えているものです。ボックスオークでは一人一人の足形に合わせ作成されるカスタムインソールや、世界最小のフィットネススタジオと言われるMBTを取り扱っております。足に悩みのある方やウォーキングに興味のある方は是非ボックスオークにご相談下さい。
    長野県松本市中央1-20-27   TEL/FAX:0263-35-3450 定休日:水曜日
  Mail:info@box-oak.com   URL:http://www.box-oak.com

2024年04月11日

松本城公園からの山々(4月)

ちょっと霞んでいますが三山はっきり見えます
DSC_0457.JPG常念岳(4月)
槍ヶ岳の穂先も顔をのぞかせています

DSC_0460.JPG美ヶ原王ヶ頭(4月)

DSC_0458.JPG乗鞍岳(4月)


posted by BOX-OAK at 18:24| 日記

2024年04月08日

松本城「夜桜会」4月10日(水)〜17日(水)

DSC_0451.JPG DSC_0450.JPG DSC_0453.JPG
        開花宣言標本木(昨日開花宣言)

DSC_0455.JPG DSC_0456.JPG
ボックスオークの裏女鳥羽川沿いの桜は結構咲いてきました



posted by BOX-OAK at 13:19| 日記

2024年04月05日

松本城太鼓門前の桜が開花

DSC_0450.JPG

DSC_0447.JPG DSC_0448.JPG
開花宣言標本木の桜は、まだ蕾が膨らんだくらい
posted by BOX-OAK at 10:56| 日記

2024年03月30日

松本市中央図書館のロトウザクラが今見ごろ

DSC_0443.JPG DSC_0446.JPG
去年は店の裏の女鳥羽川沿いの桜が開花していたんですが
今年はまだつぼみ


posted by BOX-OAK at 18:31| 日記

2024年03月28日

鉄分不足で献血不合格

こんな記事があった。
それによると、

血液中の鉄分不足が原因とみられる献血不合格者が、増加しているのです。
特に多いのは女性で、2003年には全国の献血希望者のうち、なんと約16%が献血できませんでした。

鉄分不足は、健康の面でも不合格。全身に酸素を運ぶヘモグロビンが減り、「鉄欠乏性貧血」を引き起こすからです。ヘモグロビンの構成は、鉄を含む「ヘム」とタンパク質の「グロビン」。

鉄分が不足すると、充分に酸素を運べなくなり、体が酸欠状態になるという訳です。

との事。
ご参考に。。。


posted by BOX-OAK at 11:59| 日記

2024年03月25日

別腹も脳の仕業

こんな記事もあった。
それによると、

「あの店のカレーが食べたい」と考えるだけでなんだかお腹がすいてくる。皆さんも身に覚えがありませんか?これは、空腹とは別の仕組みで起こる食欲。脳内にある過去の記憶を基にしたものです。

また、お腹いっぱいでもケーキはペロリ。そんな別腹も脳の仕業です。甘味は、最も強い快感を生じさせる味。甘いものを見るだけで、β-エンドルフィンなどの快感物質が脳内に放出され、食欲につながるのです。

こんな話をしていたらお腹がすいてきた、というあなた。季節は春です。お腹を鳴らすのもいいですが、新しいことに挑戦して腕を鳴らしてみるのもいいですね。


との事。



posted by BOX-OAK at 18:43| 日記

2024年03月22日

腹の虫が「ぐーっ」

こんな記事があった。
それによると、

ふきのとうや菜の花、空豆など、旬の食材が店頭に並ぶこの季節、どこからか聞こえてくる「ぐーっ」という音。
「腹の虫」ともいいますが、その正体は胃の収縮運動です。

胃の中に食べ物がなくなると、一定の間隔で強い収縮運動が起こり、胃袋の上部に溜った空気が圧迫されて移動するためにお腹が鳴るのです。

では「お腹がすく」とは、どういうことでしょうか。胃が空っぽになるというのはもちろんですが、実はそれ以上に大きく関わっているのが血糖値。

エネルギーを消化して血糖値が低下すると、それを脳が感知し、「何か食べたい」という食欲が起こるのです。


との事。

posted by BOX-OAK at 17:15| 日記

2024年03月11日

松本城公園からの山々(3月)

久々の雲一つないドピーカン
DSC_0440.JPG 常念岳(3月)

DSC_0442.JPG 美ヶ原王ヶ頭(3月)

DSC_0441.JPG 乗鞍岳(3月)


posted by BOX-OAK at 13:23| 日記

2024年03月07日

朝・昼・夕の食事でとりたい栄養素

こんな記事があった。
それによると、

朝食で特にとりたい栄養素
たんぱく質は、体内時計に一日の始まりを告げる役割がある栄養素なので、朝食でしっかりとりましょう。秋の味覚のなかでは、秋しゃけやさんま、戻りがつおなどの魚がおすすめです。このほか、腸内環境をよくしてくれる食物繊維も朝にとりたい栄養素です。野菜(特に根菜類)やきのこ類、海藻類に多く含まれています。

昼食でとりたい栄養素
昼食でとる脂質は、消費されやすく脂肪として体に蓄積されにくいと考えられます。とり過ぎには注意が必要ですが、脂っこいものは昼食でとるのがおすすめです。ただし、脂っこい料理は塩分も多くなりがちです。塩分の排出を促すカリウムを含む野菜やきのこ類を一緒にとりましょう。

夕食でとりたい栄養素
夕食でとりたいのはカルシウム、ナットウキナーゼ、GABA(ギャバ)です。夜間に吸収率が高まるカルシウムは大豆製品(特に高野豆腐に豊富)からとるのがおすすめです。ナットウキナーゼは納豆に含まれる酵素で、血流を促す効果があります。GABAはじゃがいもやトマトなどに多く含まれ、睡眠の質を高める効果があります。

との事。
ご参考に。。。




posted by BOX-OAK at 18:06| 日記

2024年03月04日

セマグルチド:肥満症の治療薬

こんな記事があった。
それによると、

セマグルチドは医師の処方が必要な薬で、週1回、皮下注射します。

セマグルチドはもともと2型糖尿病の治療薬として用いられてきましたが、今回、肥満症の治療薬として安全性と有効性が確認されました。肥満症の治療薬として、実に30年ぶりの登場となり、関心が高まっています。

セマグルチドは「GLP1受容体作動薬」というカテゴリーの薬で、脳に働いて食欲を抑える効果、胃の動きを抑える効果、さらに血糖値を抑える効果があるため、食べてすぐにお腹いっぱいだと感じ、食べる量が減ることにつながります。


との事。
ホンマでっか?って感じですが、
詳しくは調べてみて。。。


posted by BOX-OAK at 14:40| 日記

2024年03月02日

ウォーキングは万病に効く

こんな記事があった。
それによると、

芯から冷えるこの季節、誰にも言えない悩みを抱えてはいませんか?多くの人がつらい症状に悩まされている「痔」。もともと、おしりは血行が悪いため、常にひんやりしています。そこに冷えが重なると、肛門のうっ血が進み、痔を誘発することも。特に立ちっぱなし、座りっぱなしの人はご用心。長時間立ったままでいると、足がむくむのと同様に、おしりもむくんできます。また、座ったままの状態も、体重が肛門にかかって血流が悪くなり、その結果、おしりがうっ血して、痔を招くことになるのです。

痔の予防には、まずは体を動かすこと。肛門の血液循環の改善や、腸の運動の活性化につながるので、ウォーキングや軽い体操を続けると効果的です。

との事。
やはり、ウォーキングは良いですね。
さらに、『MBT』で生活していれば血液循環もよくなるし、体幹も鍛えられますよ。。。



posted by BOX-OAK at 10:41| 日記

2024年02月20日

コハクチョウ北帰行始まる

という記事があった。

DSC_0424.JPG
犀川白鳥湖から飛び立つコハクチョウ

DSC_0425.JPG
松本城公園の一匹狼


posted by BOX-OAK at 14:58| 日記

2024年02月19日

変形性膝関節症には

こんな記事があった。
それによると、

変形性股関節症には、股関節の周囲の筋肉を軽く鍛える運動がすすめられます。具体的には水中ウォーキング、ウォーキング、サイクリングなどです。

運動は継続が大事です。毎日続けることで股関節の痛みが和らぎ、動きも良くなってくることが期待できます。そうすれば家事や仕事も楽になります。

反対に、股関節を気にしてまったく運動しないでいると、症状が悪化するおそれがあります。ただし、股関節を傷めるほどの激しい運動は避けてください。


との事。
ご参考に。。。



posted by BOX-OAK at 18:19| 日記

2024年02月15日

松本城公園の梅開花

いつも最初に咲く木の梅がほんの一部開花しました
DSC_0423.JPG


posted by BOX-OAK at 15:32| 日記

2024年02月12日

松本城公園の梅

ちょっと蕾がほころび始めました
DSC_0415.JPG

DSC_0416.JPG


posted by BOX-OAK at 14:12| 日記

2024年02月08日

変形性股関節症の生活改善と運動療法

こんな記事があった。
それによると、

変形性股関節症の治療には、関節の負担を減らす「生活改善」、関節を動きやすくする「運動療法」、炎症を抑える「薬物療法」、症状が進行している場合に行われる「手術療法」の4つが挙げられます。
この記事では生活改善と運動療法のポイントについて解説します。

生活スタイルの改善
変形性股関節症は、歩く、しゃがむ、立つといった生活動作でかかる負担によって徐々に進行し、悪化します。そのため、日常生活で股関節にかかる負担を可能な限り軽減することが大切です。
例えば、正座をしたりあぐらをかいたりすると、股関節を深く曲げて座る姿勢になるので、股関節に過度の負担がかかります。できるだけ避けることが望ましいです。


軽い運動を継続
変形性股関節症には、股関節の周囲の筋肉を軽く鍛える運動がすすめられます。具体的には水中ウォーキング、ウォーキング、サイクリングなどです。運動は継続が大事です。毎日続けることで股関節の痛みが和らぎ、動きも良くなってくることが期待できます。そうすれば家事や仕事も楽になります。反対に、股関節を気にしてまったく運動しないでいると、症状が悪化するおそれがあります。ただし、股関節を傷めるほどの激しい運動は避けてください。

との事。
ご参考に。。。




posted by BOX-OAK at 12:01| 日記

2024年02月05日

今朝の松本城

DSC_0413.JPG
この時は雪は全然でしたが、昼前にはあたり真っ白・・・「上雪」
交通網もズタズタ


posted by BOX-OAK at 14:55| 日記

2024年02月01日

動脈硬化対策の要は食事と運動

こんな記事があった。
それによると、

食事のポイント「動物性脂肪やコレステロールが多いものは控える」
LDL(悪玉)コレステロールが高いと指摘され、その対策として糖質制限ダイエットを始める人がいますが、これは見当はずれ。糖質制限をしても、LDLコレステロール値はなかなか下がりません。

LDLコレステロール値が高い人がとくに注意すべきなのは、糖質ではなく動物性脂肪なのです。
ですから、米のご飯は食べずに肉ばかり食べるなどというのは、全くお勧めできません。肉には、たんぱく質だけでなく、動物性脂肪が多く含まれているからです。

動物性脂肪やコレステロールが多く含まれているもののとり過ぎは、LDLコレステロールを増やしてしまいます。


運動のポイント「有酸素運動が有効」
実は、LDL(悪玉)コレステロール値は、運動だけではあまり下がりません。運動より食事による対策のほうが重要なのです。しかし、だからといって運動は全く意味がないというわけではありません。

LDLコレステロール値自体が下がらなくても、運動には、中性脂肪を減らし、HDL(善玉)コレステロールを増やす効果があるので、動脈硬化の予防にはつながるからです。

そのための運動としては、筋トレよりもウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動のほうがより有効です。特にウォーキングは、1日の歩数が増えるほど中性脂肪値が下がり、HDLコレステロール値が高くなることがわかっています。


との事。
ご参考に。。。
『MBT』を履いて健康ウォーキングをしよう。。。




posted by BOX-OAK at 16:47| 日記

2024年01月29日

松本城公園からの山々(1月)

寒いけどとても気持ちのいい冬晴れ
DSC_0408.JPG 常念岳(1月)

DSC_0410.JPG 美ヶ原王ヶ頭(1月)

DSC_0409.JPG 乗鞍岳(1月)



posted by BOX-OAK at 10:27| 日記

2024年01月28日

松本フェスティバル 2024

DSC_0405.JPG 金賞

DSC_0406.JPG 銀賞

DSC_0407.JPG 銅賞

DSC_0399.JPG 花時計公園会場

DSC_0401.JPG 松本駅前会場
posted by BOX-OAK at 14:14| 日記